コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオヨシキリ Acrocephalus orientalis; oriental reed warbler

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオヨシキリ
Acrocephalus orientalis; oriental reed warbler

スズメ目ヨシキリ科。全長 19cm。かつてはヨーロッパなどユーラシア大陸の西側に生息するニシオオヨシキリ A. arundinaceus亜種に分類されていた。頭上,背,,尾は淡褐色,胸と腹は黄白色。アシ原にすみ,「ぎょぎょし,ぎょぎょし,けけけけ」と聞こえる特徴のある声で鳴くため,「行々子」という俗名がある。1羽の雄が複数の雌とつがう一夫多妻で,子育ては雌だけが行なう。モンゴルからサハリン島中国東部,日本にかけて繁殖分布し,インド西端部から東南アジアにかけての地域に渡って越冬する。日本では各地のアシ原に夏鳥(→渡り鳥)として渡来する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオヨシキリ
おおよしきり / 大葦切
great reed warbler
[学]Acrocephalus arundinaceus

鳥綱スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科の鳥。コヨシキリとともに単にヨシキリとよばれることがある。全長約18センチメートル。上面は淡い褐色、下面は黄白色。淡い眉斑(びはん)がある。ユーラシアの温帯、アフリカ北部、日本で繁殖、冬は南へ渡る。アシの茎に巣をかけ、4個から6個ぐらいの淡い青緑色地に褐色の斑のある卵を産む。昆虫を捕食し、ギョギョシ、ギョギョシ、カイカイシと大きな声でさえずる。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオオヨシキリの言及

【ヨシキリ(葭切)】より

…このグループの鳥は,外観はよく似ているが,さえずりは種によってかなりはっきりと違っている。日本で繁殖するヨシキリ類の中では,オオヨシキリA.arundinaceus(イラスト)はギョギョシ,ギョギョシ,ケケケケケ……とさえずり,コヨシキリA.bistrigiceps(イラスト)は,同様な節回しだが,もっと複雑で金属的な高い声でさえずる。オオヨシキリは,そのさえずりからギョウギョウシ(行々子)の別名をもつ。…

※「オオヨシキリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオヨシキリの関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地センニュウ葦切・葦雀カッコウ仰仰子小葦切葦切

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオヨシキリの関連情報