コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けいまふり ケイマフリ

デジタル大辞泉の解説

けいまふり

アイヌ語「ケマ(足)」「フレ(赤い)」から》チドリ目ウミスズメ科の海鳥。全長37センチ。夏羽は全身黒色で目のまわりが白く、脚が赤い。冬羽下面白色。オホーツク海沿岸から北日本分布

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいまふり

〔アイヌ語のケマフレ(足が赤い)から〕
チドリ目の海鳥。全長約37センチメートル。真っ赤な足が目立つ。夏羽は全体が黒色で目の周りが白い。冬羽は下面が白色。サハリン(樺太)・千島列島・日本北部などオホーツク海沿岸に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

けいまふりの関連キーワードケマフレサハリン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android