コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオワライタケ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオワライタケ
おおわらいたけ / 大笑茸
[学]Gymnopilus spectabilis (Fr.) Sing.

担子菌類、マツタケ目フウセンタケ科の毒キノコ。全体は濃い黄金色ないし帯褐黄色。広葉樹の枯れ木の幹の地際部に20~30本束になって生え、全体で1キログラム以上の大きな集団となる。傘は径5~15センチメートル、表面は乾き、放射状に走る繊維紋を帯びる。肉は黄色で、きわめて苦い。ひだは黄色から銹(さび)色になる。茎は長さ5~15センチメートル、太さ1~3センチメートル、上部につばがある。発生期は夏から秋。分布は日本をはじめ世界各地。幻覚性毒キノコの一種で、神経系統を刺激して、いわゆるワライタケ症状をおこす。毒成分はまだ未解決であるが、毒性はさほど強くない。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオワライタケの言及

【ワライタケ(笑茸)】より

…同じような成分をもつキノコはシビレタケ属Psilocybeに約50種,前記のワライタケのほかオキナタケ科のコガサタケ属Conocybeの中にもあるといわれる。 オオワライタケGymnopilus spectabilis (Fr.) Sing.(イラスト)はフウセンタケ科の毒キノコで,各種の広葉樹の切株などに大きな集団をつくって叢生(そうせい)する。全体に濃い橙黄色,肉は黄色で強い苦味がある。…

※「オオワライタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android