コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカメコオロギ Loxoblemmus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オカメコオロギ
Loxoblemmus

直翅目コオロギ科オカメコオロギ属に属する昆虫総称。雄の顔面が平面となる特徴をもち,この顔が「おかめ」の面を思わすことからこの名がある。雌の頭部は一般的なコオロギ類のように球面状である。中型のコオロギ類で,畑地,森,たんぼなどにすみわけており,それぞれハラオカメコオロギ L.arietulus,モリオカメコオロギ L.sp.,タンボオカメコオロギ L.aomoriensisと呼ばれる。ハラオカメコオロギは草地などにもすみ,雄は夜間「りりりり,りりりり」と鳴き,本州,四国,九州,南西諸島に分布する。雄の顔面が特異な形状をしているミツカドコオロギ L.doenitziもこの仲間である。 (→コオロギ , 直翅類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オカメコオロギ

直翅目コオロギ科オカメコオロギ属Loxoblemmusに属する昆虫の総称。このコオロギは,雄の顔面が切断されたように平たくなり,その面が下後方に傾いている特徴をもっている。顔面の輪郭はおよそまるく,これらの特異な特徴からオカメコオロギの名が出た。この仲間は日本から5種が知られ,そのうち4種がふつうに見られる。ふつう体長13mm内外であるが,ミツカドコオロギは15~19mm。成虫はいずれも8~11月に出現し,年1化性。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカメコオロギ
おかめこおろぎ / 阿亀蟋蟀
[学]Loxoblemmus spp.

昆虫綱直翅(ちょくし)目コオロギ科のうちオカメコオロギ類の総称。日本には、畑地や草地に普通にすむハラオカメコオロギL. arietulusのほか、モリオカメコオロギ、タンボオカメコオロギ、オオオカメコオロギなどが知られている。体長15ミリメートル内外の中形のコオロギ類で、雄の顔面は切断されたように平たく後方に傾斜し、輪郭が丸い。この顔が「おかめ」の面を思わすのでこの名がある。雌の顔面は普通のコオロギ類のように球面状である。前ばねは腹端に達しないが、後翅は長い(ただし、これはのちに脱落する)。夜間、石の下などで雄はリリリリ、リリリリ、と短く切って発音する。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オカメコオロギの関連キーワード蟋蟀・蛼お亀蟋蟀阿亀蟋蟀蟋蟀

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android