コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカメコオロギ オカメコオロギ Loxoblemmus

3件 の用語解説(オカメコオロギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オカメコオロギ
オカメコオロギ
Loxoblemmus

直翅目コオロギオカメコオロギ属に属する昆虫の総称。雄の顔面が平面となる特徴をもち,この顔が「おかめ」の面を思わすことからこの名がある。雌の頭部は一般的なコオロギ類のように球面状である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オカメコオロギ

直翅目コオロギ科オカメコオロギ属Loxoblemmusに属する昆虫の総称。このコオロギは,雄の顔面が切断されたように平たくなり,その面が下後方に傾いている特徴をもっている。顔面の輪郭はおよそまるく,これらの特異な特徴からオカメコオロギの名が出た。この仲間は日本から5種が知られ,そのうち4種がふつうに見られる。ふつう体長13mm内外であるが,ミツカドコオロギは15~19mm。成虫はいずれも8~11月に出現し,年1化性。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカメコオロギ
おかめこおろぎ / 阿亀蟋蟀
[学]Loxoblemmus spp.

昆虫綱直翅(ちょくし)目コオロギ科のうちオカメコオロギ類の総称。日本には、畑地や草地に普通にすむハラオカメコオロギL. arietulusのほか、モリオカメコオロギ、タンボオカメコオロギ、オオオカメコオロギなどが知られている。体長15ミリメートル内外の中形のコオロギ類で、雄の顔面は切断されたように平たく後方に傾斜し、輪郭が丸い。この顔が「おかめ」の面を思わすのでこの名がある。雌の顔面は普通のコオロギ類のように球面状である。前ばねは腹端に達しないが、後翅は長い(ただし、これはのちに脱落する)。夜間、石の下などで雄はリリリリ、リリリリ、と短く切って発音する。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オカメコオロギの関連キーワード閻魔蟋蟀お亀蟋蟀蟋蟀御竈蟋蟀阿亀蟋蟀石川県加賀市山中温泉こおろぎ町コオロギ(蟋蟀)タンボオカメコオロギハラオカメコオロギモリオカメコオロギ