コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキシン oxine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキシン
oxine

化学式 C9H7NO 。8-ヒドロキシキノリン別称。白色柱状晶,融点 75~76℃。溶液の pH を調節すると,多くの金属イオン (Al ,Be ,Bi ,Ca ,Cd ,Co ,Cu ,Fe(III) ,Ga ,In ,Mg ,Mn ,Mo ,Ni ,Pb ,Th ,Ti ,Tl(III) ,U(VI) ,V (V) ,W(VI) ,Zn) と難溶性の沈殿を生じる。金属-オキシム錯化合物沈殿はクロロホルムなどの有機溶媒によって抽出されるものが多いので,化学分析 (重量分析,比色分析) によく用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキシン
おきしん
oxine

8-ヒドロキシキノリンの別名。8-キノリノールともいう。
 8-キノリンスルホン酸ナトリウムを濃い水酸化ナトリウム溶液とともに加圧下で180℃に加熱すると得られる結晶。エタノール、アセトン、クロロホルムなどの有機溶媒に溶ける。各種の金属イオンと反応して、水に不溶なキレート化合物をつくるので、アルミニウム、コバルト、銅、鉄、ニッケルなどの金属の分析に用いられる。また、これらのキレート化合物はクロロホルムなどの有機溶媒に溶けるので、溶媒抽出法にも利用されている。このほかに、金属を含む酵素の作用を阻害するので酵素阻害剤としての用途もある。殺菌・消毒薬や放射性診断薬にも用いられる。この化合物の置換体である5-クロロ-7-ヨード-8-ヒドロキシキノリンは、キノホルムの通称で医薬として用いられていたが、スモン病とよばれる脊椎(せきつい)視神経症の発症原因になることが知られたため、日本では1970年(昭和45)から製造・使用が禁止されている。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オキシンの関連キーワード残留性有機汚染物質(POPs)田子の浦港の底質ダイオキシン類豊島の産業廃棄物不法投棄事件ダイオキシン類対策特別措置法RD処分場の廃棄物処理問題水俣市のダイオキシン問題オキシン(データノート)狛江市のマンション問題ごみ固形燃料(RDF)焼却灰と放射性物質RDF焼却発電事業エンテログルカゴンベトさんとドクさん細胞壁合成阻害剤環境管理センタージベンゾフランダイオキシン類吉津の産廃問題カネミ油症事件浮遊粒子状物質

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android