コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オコンナー オコンナー O'Connor, Feargus Edward

6件 の用語解説(オコンナーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オコンナー
オコンナー
O'Connor, Feargus Edward

[生]1796.7.18? コーク
[没]1855.8.30. ロンドン
アイルランドチャーティスト運動指導者。ダブリン大学に学び,1832年アイルランド合同法廃止論者として下院議員に当選したが,過激な急進主義運動のため 35年議員を失格させられた。アイルランド民族運動の指導者 D.オコンネルとの反目から,イギリスにおけるチャーティスト運動に転じ,37年"Northern Star"紙を創刊し,北部,中部イングランドで活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

オコンナー
オコンナー
O'Connor, Rory; Roderic

[生]1116頃
[没]1198. ゴールウェー
アイルランドのコンノート王 (在位 1156~91) 。 T.オコンナーの子。 1166年以来アイルランド最後のアード・リー (上王) の称を得,イングランド王ヘンリー2世の軍の侵入に抵抗したが,75年ウィンザー条約を結んで屈服,ヘンリーへの臣従と貢納を約し,アイルランドがイングランドの支配下に入る発端をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

オコンナー
オコンナー
O'Connor, Turloch

[生]1088
[没]1156
アイルランドのコンノート王 (在位 1118~56) 。 R.オコンナーの父。 1119年アード・リー (上王) に選ばれ,アイルランドの政治的統一を大いに進めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

オコンナー
オコンナー

オコナー」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オコンナー(Feargus O'Connor)

[1794~1855]英国のチャーチスト運動の指導者。アイルランド出身で、左派の実力行動派を指導して暴力革命を主張した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

オコンナー【Feargus Edward O'Connor】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オコンナーの関連キーワードコークス炉ガスコークスコークスクリューコーナーワークウエストコークエコー・パークラムコークコークアイト半成コークスジャーコーク (jar calk)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone