コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オサゾウムシ

2件 の用語解説(オサゾウムシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オサゾウムシ

甲虫目オサゾウムシ科Rhynchophoridaeに属する昆虫の総称(イラスト)。オオゾウムシバショウオサゾウムシコクゾウムシなどが含まれる。触角の先端の幅広い2環節(球稈(きゆうかん)部)は堅固で,この部分の基部(第1節)だけに密な細毛がなく光沢があること,体の背面が平圧され,口吻(こうふん)は強くは曲がらないことなどの特徴で,他のゾウムシ類から分けられている。バショウオサゾウムシCosmopolites sordidusは体長約11mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オサゾウムシ
おさぞうむし / 筬象虫

昆虫綱甲虫目オサゾウムシ科Rhynchophoridaeの昆虫の総称。熱帯から温帯にかけて約1000種が分布し、日本には31種が生息。単子葉植物の害虫が多く、バショウオサゾウムシとバショウコクゾウムシは奄美(あまみ)大島以南分布のバナナの害虫。カンショオサゾウムシは小笠原(おがさわら)諸島でサトウキビを加害し、ヤシオオオサゾウムシは最近沖縄へ持ち込まれてヤシ類に大害を与えている。穀物の害虫コクゾウムシや、日本最大のオオゾウムシもこの科に属し、ササコクゾウムシの仲間は簾(すだれ)など竹製品を加害する。[森本 桂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オサゾウムシの関連キーワード小豆象虫稲象虫穀象虫象虫豆象虫歩行虫鷸象虫短截象虫アズキゾウムシコクゾウ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オサゾウムシの関連情報