コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オサバフウロ Biophytum sensitivum (L.) DC.

2件 の用語解説(オサバフウロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オサバフウロ【Biophytum sensitivum (L.) DC.】

高さ10~20cmほどのカタバミ科の一年草。直立する茎の先に多くの葉が束生し,触れると急速に閉じて下垂する。葉は8~14対の多くの小葉からなる偶数羽状複葉。束生する葉のわきから6~10cmの花茎を伸ばし,数個の小さな花を散形につける。花は筒状で,放射相称に並ぶ黄色い5枚の離生花弁からなる。果実は楕円形の蒴果(さくか)。世界の熱帯に広く分布する雑草で,疎林下に生える。マレー半島では,民間薬として利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オサバフウロ
おさばふうろ
[学]Biophytum sensitivum DC.

カタバミ科の多年草で、熱帯アフリカ、熱帯アジアに自生する。高さ10~20センチメートルで分枝せず、茎頂部に20~25葉を傘状に広げる。葉は偶数羽状複葉で、くさび形ないし倒卵形の小葉を10~19対つける。オジギソウ(マメ科)ほどではないが刺激に敏感で、葉片に触れると、葉軸を中心にして下方(背軸側)に折れ曲がると同時に、葉軸も基部から下方へ折れ曲がり、反応はあまり速くはないが、動きは大きい。夏に黄色5弁の小花を開き、自然によく結実する。熟すと果実が裂けて、種子をはじき飛ばす。[高林成年]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オサバフウロの関連キーワードジュートオキザリス錨酢漿叡山酢漿草雀の帷子深山酢漿草紫酢漿草酢漿草草酢漿方波見備前守

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone