コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オショフィサン Osofisan, Femi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オショフィサン
Osofisan, Femi

[生]1946.6.16. イギリス保護領ナイジェリア,エルンウォン
ナイジェリアの詩人,劇作家。ヨルバ族出身。英語で執筆。イバダン大学卒業後,セネガルのダカール,フランスのパリの大学で学ぶ。ナイジェリアの腐敗と不正義を糾弾し,社会変革を目指す新しい世代の旗手。ウォーレ・ショインカのあとを受けて 1984年イフェ大学演劇学科主任教授となり,劇団カカウン・セラ・カンパニーを主宰した。のちイバダン大学演劇科長となる。戯曲『おしゃべりと歌』The Chattering and the Song(1975),『誕生日は死ぬためのものにあらず』Birthdays Are Not For Dying(1990),ヨルバ民話に取材した道徳劇『エシュと放浪詩人たち』Esu and the Vagabond Minstrels(1991)のほか,パリでの学生時代に取材した小説もある。作品はユーモアとアイロニーに富み,歌,踊り,フォークロアの要素も多い。(→アフリカ文学

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オショフィサンの関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android