コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスティア-アンティーカ オスティアアンティーカ Ostia Antica

1件 の用語解説(オスティア-アンティーカの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

オスティアアンティーカ【オスティア-アンティーカ】
Ostia Antica

イタリアの首都ローマ市街の西約25kmにある、古代ローマの港町オスティアの遺跡。ここは現在、港町の面影はないが、紀元前4世紀から紀元5世紀ごろまで、ティレニア海に面したローマの外港、塩の生産地として栄えたが、ティベレ川の土砂の堆積により海岸線が遠ざかって港としての役目を果たさなくなったことから、5世紀に放棄され廃墟となった。このため、ローマ時代の町がそのまま遺跡として残されることになった。ローマ街道や中央広場(フォロ)、ネットーノ浴場、ローマ劇場、インスラ呼ばれる集合住宅や居酒屋など、さまざまな遺跡が集積している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オスティア-アンティーカの関連キーワードアブジャアリッチャカンピドリオの丘コンドッティ通りジャニコロの丘ネミビラ・アドリアーナポポロ門ローマの七丘ピンチョの丘

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone