コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火焼島 かしょうとう

百科事典マイペディアの解説

火焼島【かしょうとう】

台湾の南東岸,台東市の東25kmにある小島で,1949年に緑島と改称された。約15km2。南方の蘭嶼(らんしょ)と同じく,安山岩よりなる。周囲は珊瑚礁。南半部では西に火焼山(281m),東に阿眉山(275m)があり,絶壁をなす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしょうとう【火焼島 Huŏ shāo dǎo】

中国,台湾省南東部の台東市の東25kmにある島。緑島ともいう。面積約15km2。付近にある蘭嶼(らんしよ)とともにフィリピンから続く火山脈に属する火山島である。住民は漢族で,この点で蘭嶼住民が高山族系のヤミ族からなるのと異なっている。生業は農業と漁業で,農業では米作が行われ,漁業ではトビウオ漁が主となっている。【西村 睦男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火焼島
かしょうとう / フオシャオタオ

台湾島の東方海上に浮かぶ不毛の火山島。台東の東32キロメートルに位置し、南76キロメートルに蘭嶼(らんしょ/ランユイ)がある。島を緑化する願いを込めて緑島(りょくとう)ともよぶ。面積27平方キロメートル。隆起サンゴ礁に囲まれ、火焼山(281メートル)と阿眉(あび)山(275メートル)が島の中央に並び、温泉が湧出(ゆうしゅつ)する。アミ族と漢族が住み、おもに漁業、農業を営む。政治犯を収容する軍事監獄があることで内外に知られている。[劉 進 慶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

火焼島の関連キーワードホーシャオタオカタゾウムシ楊逵南方

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android