オスロ大学(読み)おすろだいがく(英語表記)Universitetet i Oslo

日本大百科全書(ニッポニカ)「オスロ大学」の解説

オスロ大学
おすろだいがく
Universitetet i Oslo

ノルウェー首都オスロにある大学。デンマーク領(1397~1814)から独立を求めるノルウェー人の要望にこたえて、デンマーク・ノルウェー王フレゼリク(フレデリク)6世により1811年に設立され、同国でもっとも古い。大学は国費により運営され、授業料は無償。1990年に制定された大学法により、大学の管理運営(大学評議会)には教員、事務職員、学生の三者が参加している。1999年現在、8学部神学法学医学、人文学歯学、社会科学、数学・自然科学、教育学)からなる。教員数約1700人、学生数約3万4000人。付設ノルウェー民俗研究所の北欧民話研究は広く知られる。大学図書館、博物館も充実している。

[馬越 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「オスロ大学」の解説

オスロ大学
オスロだいがく
Universitetet I Oslo

ノルウェーの首都オスロにある国立大学。デンマーク=ノルウェー王フレデリック6世が 1811年に設立した同国最古の大学。国費により運営され,授業料は無償。近年の大学改革により,大学の管理運営にあたる大学評議会には教員,事務職員,学生の3者が参加している。神学,法学,医学,文学,歯学,社会学,理学などの学部から成る。付属ノルウェー民俗研究所の北欧民話研究は広く知られ,大学図書館,博物館も充実している。学生数約3万 7800名,教員数約 1700名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「オスロ大学」の解説

オスロ‐だいがく【オスロ大学】

ノルウェーの首都、オスロにある総合大学。一八一一年創立。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

大学事典「オスロ大学」の解説

オスロ大学[ノルウェー]
オスロだいがく

官吏養成を目的として設立されたノルウェー最古にして最大の大学。デンマーク=ノルウェーの同君連合国家であった当時,ノルウェーの分離独立の機運の高まりを恐れた王フレゼリク6世が反対していたため,構想が持ち上がりながらも長らく実現には至らなかった。1811年にようやく大学設立に関する勅許を受け,1813年に開学に至った。当初は,高度人材養成を主たる機能としていたが,1870年代以降は研究にも力が入れられるようになった。設立以来,王立フレゼリク大学(ノルウェー)という名称が用いられていたが,1939年に現在の名称に変更された。1946年にベルゲン大学が設立されるまでノルウェー唯一の総合大学であった。2015年現在,8学部(医学部,歯学部,法学部,神学部,人文学部,数理学部,社会科学部,教育学部)に約3万人の学生が学ぶ。
著者: 渡邊あや

出典 平凡社「大学事典」大学事典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android