コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オセロ Othello

翻訳|Othello

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オセロ
Othello

イギリスの劇作家シェークスピアの四大悲劇の一つ。5幕 11場。 1604年 11月1日の宮廷での上演が最も古い上演記録。初版は 22年の四つ折本 (クォート) 。イタリアの G.ジラルディ (チンツィオ) 作『エカトンミティ』 (1565) から取材している。ベニス公国に雇われたムーア人の将軍オセロは奸悪な旗手イアーゴーの陰謀に乗せられて,貞淑な妻デスデモーナと副官キャシオーとの仲を疑い,嫉妬に狂って彼女を窒息死させるが,真相を知らされて自殺をとげる。彼が妻に与えたハンカチが重要な小道具となっている。 T.S.エリオットはオセロの自殺直前のせりふを「自己劇化」の見本として論じているが,古くからコールリッジの悲劇論や A.C.ブラッドリーイアーゴーの性格論など,この作品に関しては多くの論述が残されている。

オセロ
Othello

日本で考案された盤上ゲーム。オセロは商標。相手を囲んでとるをヒントに,黒と白の石を使って,相手の石を挟んだらとる,というルールが発案された。縦横8列,64の枡目に区分された緑色の盤上で,表裏が黒と白の 64個の丸い石を使って競技者2人が黒と白に分かれて勝負する。中央にまず,白と黒の石が斜めに交差するように2個ずつ置く。続いて黒から先に,相手の石を縦横,斜めいずれかで挟み,挟んだ相手の石を裏返して自分の色に変えながらゲームを進める。相手の石を挟めないときはパスをする。盤上にすべての石を並べ終えたか,相手の石を挟めなくなったら終了し,石の数が多い色が勝ちとなる。名称はイギリスの劇作家ウィリアム・シェークスピアの四大悲劇オセロに由来。 1973年には日本オセロ連盟が設立され,同年に第1回全日本オセロ選手権大会が開催された。その後世界オセロ連盟も設立され,1977年第1回オセロ世界選手権大会が日本で開催された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オセロ(Othello)

シェークスピアの四大悲劇の一。5幕。1604年ごろ初演。ムーア人の将軍オセロは部下イヤゴーの奸計(かんけい)に乗せられて妻デズデモーナの貞操を疑い、殺害したあと、真相を知って自殺する。オセロー
縦横8ずつ計64のますの盤と、白と黒の二面の丸いを使う二人用のゲーム。交互に必ず相手の駒を挟むように駒を置き、挟んだ駒を自分の色に変えてその数を競う。商標名。オセロゲーム。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

オセロ【Othello】

イギリス生れの盤上ゲーム。〈リバーシreversi〉の名で1888年に商品化された。日本では明治時代に〈レバルシー〉(裏返し)として紹介され,その後〈源平碁〉の名で売り出されたこともあったが,1970年代に〈オセロ〉という商品名で市販されてから爆発的な人気を呼んだ。77年から国際トーナメント大会も開かれている。 ゲーム盤は8×8の64の升目で構成され,片面が白で裏面が黒の駒(オセロでは石と呼ぶ)64個を使用する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オセロ【Othello】

二人でするゲームの一。縦横それぞれ八区画ずつの六四区画からなる盤上に、表裏が黒白の円形の駒を交互に置き、相手の駒をはさんで自分の色の駒とすることを繰り返すもの。全区画が埋まったときの駒の色の数により勝敗を争う。商標名。

オセロ【Othello】

シェークスピアの四大悲劇の一。1604年頃初演。ムーア人の将軍オセロは、部下のイアーゴの計略にかかって妻デズデモナの貞節を疑い殺すが、のちに真相を知り自ら死ぬ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

オセロの関連キーワードオセロ(シェークスピアの悲劇)Othello gameカートウッド スミスオセロ(ゲーム)ジョゼフ ソマーマギー スミスジョン ハードボンダルチュクユトケービッチ劇的アイロニーボードゲーム渡嘉敷 守礼ファマグスタ坂本龍之介みわともこ石井凛太朗コルパコワ伊志嶺友基高瀬穂乃歌高頭祐樹

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オセロの関連情報