コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オッシュ オッシュ Hoche, (Louis-) Lazare

3件 の用語解説(オッシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オッシュ
オッシュ
Hoche, (Louis-) Lazare

[生]1768.6.24. ベルサイユ
[没]1797.9.18. プロシア,ウェッツラール
フランス革命期の軍人,将軍。西部のバンデーの反乱をしずめるなど内外に戦功を立て,ナポレオン (1世) に「真の武人」と評された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

オッシュ

《Hoche》フランス海軍の戦艦。1886年竣工、1890年1月就役の前弩級戦艦。排水量、約10,800トン。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オッシュ
おっしゅ
Louis Lazare Hoche
(1768―1797)

フランス革命期の将軍。ベルサイユ近郊のモントルェイユで生まれる。父は王の猟犬係。2歳にして母を失う。14歳で王室馬丁となり、刻苦勉励して、16歳で近衛(このえ)軍に入隊。革命開幕期には伍長(ごちょう)だったが、国民衛兵の士官に登用され、人民の解放情熱と共和主義に共鳴する。1793年春に公安委員会に提出した戦争計画を、公安委員会の委員で軍事担当のカルノーに称賛され、一躍北方軍副司令に任ぜられる。ダンケルクでイギリス軍を破り、モーゼル方面軍司令官に栄進。装備も規律も不良な配下の軍を独力で再建し、アルザス国境でオーストリア・プロイセン軍を撃破した。しかし、94年6月に反革命派の容疑を受け、投獄の憂き目にあう。テルミドール(熱月)政変後釈放され、フランス西部の王党派反乱(バンデーの反乱)の討伐にあたる。97年ライン川を越えてオーストリア軍を攻撃中に、ウェツラーで病死した。[金澤 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オッシュの関連キーワードベルサイユ条約外伝 ベルサイユのばら アラン編外伝 ベルサイユのばら アンドレ編外伝 ベルサイユのばら ベルナール編ベルサイユのばら2001 オスカルとアンドレ編ベルサイユのばら アンドレとオスカルベルサイユのばら オスカル篇ベルサイユのばら オスカル編ベルサイユのばらIIIベルサイユのばら フェルゼン篇

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オッシュの関連情報