コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オットー[2世] Otto II

世界大百科事典 第2版の解説

オットー[2世]【Otto II】

955‐983
ザクセン朝第3代のドイツ国王。在位961‐983年。神聖ローマ皇帝。在位967‐983年,973年までは共同皇帝。オットー1世の息子でビザンティン王女テオファノTheophanō(955ころ‐991)を妃とした。ボヘミア王ボレスラフ2世に支持されたバイエルン大公ハインリヒの反乱を鎮圧,ボレスラフに臣従を誓わせ,ロートリンゲンに侵入したフランス王ロタールを撃退したのち,イタリア遠征をおこない,南イタリアにまで支配権を拡大しようと企てたが,アラブ・イスラム軍に敗れ,海路ローマに逃れ,そこで没した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オットー[2世]の関連キーワードオットー2世ベネディクツス7世アガペツス2世ヨハネス14世ヨハネス15世(16世)瀧口友里奈ヨハネス[12世]オルドニョ3世ラウワード朝佐賀(市)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android