コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オットーサイクル機関 オットーサイクルきかんOtto-cycle engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オットーサイクル機関
オットーサイクルきかん
Otto-cycle engine

定容サイクル機関あるいは定積サイクル機関ともいう。ガソリンエンジンの最も単純なモデル。断熱圧縮,定容加熱,断熱膨張および定容放熱より成るサイクルで,断熱膨張および断熱圧縮の過程で外部に仕事を行う。火花点火機関や高速圧縮機関に用いられている。 N.A.オットーは B.ド・ロシャの提案した原理に基づき,1876年に初めてこの4サイクルガス機関を製作した。この機関の理論熱効率は供給熱量には関係なく,圧縮比比熱比のみによって決り,これらが大きくなるほど増加する。似たような内燃機関のサイクルには,ジュールサイクルディーゼルサイクルなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オットーサイクル機関の関連キーワードサバテサイクルLPG自動車ダイムラー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android