コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オップ・アート Op Art

翻訳|Op Art

1件 の用語解説(オップ・アートの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オップ・アート【Op Art】

〈オップ〉とは〈光学的〉あるいは〈視覚的〉を意味するopticないしopticalに由来する。1965年ニューヨーク近代美術館における〈応答する眼The Responsive Eye〉展(サイツW.G.Seitz企画)以降,〈ポップ・アート〉になぞらえて使われるようになった語。広くみれば構成主義幾何学的抽象絵画の流れの延長上に位置づけられるが,アルバースバザレリーを先達として1960年代に現れた動向を指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone