ミニマルアート

精選版 日本国語大辞典「ミニマルアート」の解説

ミニマル‐アート

〘名〙 (minimal art) 一九六〇年代のアメリカを中心にさかんになった造形芸術芸術家自己批判芸術の非人称的外観技巧にうったえない単純な色や形での「最小限」の表現による自己表出を試みた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ミニマルアート」の解説

ミニマル‐アート(minimal art)

1960年代に盛んになった造形芸術。芸術家の自己批判や芸術作品の非人称的外観、単純性を追究し、あらゆる装飾を取り払った「最小限の芸術」により自己表出を試みた。→プライマリーストラクチャー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android