コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニゲシ

百科事典マイペディアの解説

オニゲシ

オリエンタルポピーとも。地中海沿岸〜イラン原産のケシ科の多年草。根出葉は羽状に深裂し,草たけ1m前後で,茎と葉には白い毛がある。6月ころ,径10cmほどの赤だいだい色の花を1個つける。
→関連項目ケシ(罌粟)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニゲシ
おにげし / 鬼罌粟
[学]Papaver orientale L.

ケシ科の多年草。原産地は地中海沿岸からイラン地方。茎は0.5~1メートル、葉は始め根際につき、長い柄(え)をもち深く羽状に裂け、中心から花柄が出てくるとその花柄に互生する。花柄は太く、5月に花茎10~15センチメートルの緋紅(ひこう)色の大輪を開く。花弁は4~6枚で倒卵形、基部は黒斑点(はんてん)となる。葉および花柄に粗毛をつける。茎は分枝せず、花期後は夏眠して地上部は枯れ、秋にまた伸びだし、冬は枯れない。花壇用、切り花(生花と落花後の果実つきの切り枝)用によい。最近は、より大輪で、花色が朱、桃、橙(だいだい)、白色などの品種、倒伏しにくく、花柄の強い矮性(わいせい)種など、園芸品種が多い。栽培は容易で、秋、休眠あけの株を日当りのよい所に30センチメートル間隔に植える。根伏せ(9~10月)、実生(みしょう)(早春)も可能。[魚躬詔一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオニゲシの言及

【ケシ(芥子)】より

…移植をきらうので,9月末に直まきして間引きを重ねて育てる。(3)オニゲシP.orientale L.(英名Oriental poppy)は地中海沿岸からイランにかけて原産し,日本へは明治時代に渡来した。花径15~20cmで,改良種の花色は白色,桃色,朱紅色などがあり,宿根花壇に適する。…

※「オニゲシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オニゲシの関連キーワード果実(植物)芥子・罌粟花柄罌粟芥子

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android