オパリナ(英語表記)Opalina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オパリナ
Opalina

原生生物界オパリナ目オパリナ属に属する種類の総称。体は扁平な楕円形状で,体表は多くの繊毛で覆われる。体長 0.4mm以下。体内には 100~170個の球状の泡状核が一様に散在している。口はない。外形が繊毛虫に似ているので以前は繊毛虫類に分類されていたが,大核と小核が区別されず,異型接合を行なうことなどから,近年は鞭毛虫類に含める場合が多くなった。大部分がカエルの直腸内に寄生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オパリナ
おぱりな

原生動物の肉質鞭毛(べんもう)虫門オパリナ綱オパリナ目の1属Opalinaの総称。すべて寄生性。両生類の直腸で、多数の個体が集合し白色の塊として容易にみいだされる。体長200~500マイクロメートル。体は扁平(へんぺい)な楕円(だえん)形で、全体表が体の前後軸に対して斜めに並ぶ多数の毛で覆われ繊毛虫に類似する。多核であるが大・小核の分化がないので繊毛虫と区別される。縦分裂で増え、ときに横分裂もする。異型配偶子を形成し、有性生殖も行う。口を欠き、体表より宿主の消化物を飲作用で取り込む。ほかの宿主への伝播(でんぱ)は、糞(ふん)とともに排出されたシスト(包嚢(ほうのう))による。近縁の属に2核のプロトオパリナProtoopalina、ゼレリエラZelleriella、多核のケペデアCepedeaなどがある。[堀上英紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android