コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞭毛虫類 べんもうちゅうるい Mastigophora; flagellate

3件 の用語解説(鞭毛虫類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鞭毛虫類
べんもうちゅうるい
Mastigophora; flagellate

原生生物界に属する鞭毛をもつ生物の総称。体長 0.001~2mm。鞭毛をもち,これを動かすことによって運動するが,鞭毛数は 1本から多数までいろいろある。また生活史の一部において,たとえば被嚢などにより非運動的な状態になるものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

べんもうちゅうるい【鞭毛虫類】

原生動物門の一綱。1ミクロン~2ミリメートルほどの単細胞生物。一生の間に必ず一本以上の鞭毛をもつ。動物界と植物界を結ぶ生物。淡水・海水中にプランクトンとして存在するほか、動植物に寄生して病原となるものも多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鞭毛虫類
べんもうちゅうるい

原生動物の肉質鞭毛虫門鞭毛虫亜門Mastigophoraを構成する単細胞生物群。約6900種が含まれる。栄養期の細胞は1本から数百本の鞭毛をもち、独立栄養または浸透性あるいは捕食性の従属栄養を行い、胞状核で縦分裂を行うことが特徴。体長1マイクロメートルから2ミリメートルまで。鞭毛は通常体の前端より生じ、側毛の有無で鞭(むち)型と羽型鞭毛とに区別するほか、舵(かじ)取り用、先端のみを動かすもの、波動膜をもつもの、異長のものなど、種々の分化がみられる。体表は薄い外皮で変形しやすく擬足(仮足)を出すものから、セルロース質の厚い細胞壁をもつもの、さらに外側にゼラチン様外被、殻、甲板、襟などの複雑な保護構造を分泌する種まである。二分裂のほか出芽や多分裂もみられ、多核体や群体をつくったり、生活史の一部にアメーバ期が規則的に出現するもの、パルメラ期という特殊な増殖期をもつものもある。有性生殖は少数の種で知られている。淡水から海水まで広く浮遊生物として出現し、陸上では土中、コケの上、雪や氷上、温泉の中にまで生息する。動植物に寄生または共生し、医学や獣医学で重視される種もある。[石井圭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鞭毛虫類の関連キーワード後生動物収縮胞側生動物原生原虫プロティスタ界原生生物内胞子虫症プロトゾア原生動物鞭毛虫類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone