鞭毛虫類(読み)べんもうちゅうるい

日本大百科全書(ニッポニカ)「鞭毛虫類」の解説

鞭毛虫類
べんもうちゅうるい

原生動物の肉質鞭毛虫鞭毛虫亜門Mastigophoraを構成する単細胞生物群。約6900種が含まれる。栄養期の細胞は1本から数百本の鞭毛をもち、独立栄養または浸透性あるいは捕食性の従属栄養を行い、胞状核で縦分裂を行うことが特徴。体長1マイクロメートルから2ミリメートルまで。鞭毛は通常体の前端より生じ、側毛の有無で鞭(むち)型と羽型鞭毛とに区別するほか、舵(かじ)取り用、先端のみを動かすもの、波動膜をもつもの、異長のものなど、種々の分化がみられる。体表は薄い外皮で変形しやすく擬足(仮足)を出すものから、セルロース質の厚い細胞壁をもつもの、さらに外側にゼラチン様外被、殻、甲板、襟などの複雑な保護構造を分泌する種まである。二分裂のほか出芽や多分裂もみられ、多核体や群体をつくったり、生活史の一部にアメーバ期が規則的に出現するもの、パルメラ期という特殊な増殖期をもつものもある。有性生殖は少数の種で知られている。淡水から海水まで広く浮遊生物として出現し、陸上では土中、コケの上、雪や氷上、温泉の中にまで生息する。動植物に寄生または共生し、医学や獣医学で重視される種もある。

[石井圭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「鞭毛虫類」の解説

鞭毛虫類
べんもうちゅうるい
Mastigophora; flagellate

原生生物界に属する鞭毛をもつ生物の総称。体長 0.001~2mm。鞭毛をもち,これを動かすことによって運動するが,鞭毛数は 1本から多数までいろいろある。また生活史の一部において,たとえば被嚢などにより非運動的な状態になるものもある。葉緑素その他同化作用に関係ある色素をもち,自律的な栄養摂取をする植物性鞭毛虫類と,色素をもたない動物性鞭毛虫類に大別される。前者後者より構造が複雑である。ほとんどが二分裂による生殖を行なうが,まれに出芽,複分裂も行なう。淡水から海水までプランクトンとして出現したり,土中にすむが,大部分はいろいろな動物の体腔血液,消化管内などに寄生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「鞭毛虫類」の解説

べんもうちゅう‐るい【鞭毛虫類】

〘名〙 原生生物界の一亜門。植物性鞭毛虫綱、動物性鞭毛虫綱の二綱に分類される。前者は葉緑体をもち、ほとんどが海水や淡水中のプランクトンであるが、後者は寄生性のものが多く、中には有害なものもある。鞭毛藻類

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android