コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大核 だいかくmacronucleus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大核
だいかく
macronucleus

巨大核または主核ともいう。原生動物繊毛虫類 (ラッパムシゾウリムシなど) にみられる楕円形の大きな核で,体の中央にあって生活維持の働きをし,無糸分裂を行う。体内には別に小核があって,これが生殖に関与し,大核は消失して関与せず,合体・接合が完了したのちの新しい小核の一部分からつくりだされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大核の関連キーワード核細胞質性大型DNAウイルス巨大核細胞質DNAウイルス巨大核質DNAウイルスナガサキ・ユース代表団パンドラウイルスウミツリガネムシミミウイルスママウイルスメガウイルス接合(生物)ピソウイルスツリガネムシエウプロテスNCLDVカサノリオパリナ巨核球血小板凝結核吸管虫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大核の関連情報