コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繊毛虫 センモウチュウ

3件 の用語解説(繊毛虫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんもう‐ちゅう【繊毛虫】

原生動物の一群の総称。体表は繊毛に覆われ、細胞核には大核と小核とがある。ゾウリムシラッパムシツリガネムシなど。滴虫(てきちゅう)類。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

繊毛虫【せんもうちゅう】

滴虫とも。原生動物の一門。体表は繊毛でおおわれ,代謝に働く大核と生殖作用に関係する小核をもつ。海水,淡水に広く分布し,自由生活を行うものが多いが,寄生生活を営むものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんもうちゅう【繊毛虫】

繊毛虫亜門Ciliataに属する原生動物の総称。ゾウリムシラッパムシツリガネムシなどが含まれ,大部分は淡水,海水で自由生活するが,寄生性のものも少なくない。原生動物中,もっとも分化の進んだ類で,鞭毛虫類から生じたものであろうと考えられている。体は繊毛で覆われ,生活機能を統制する大核と生殖に関係する小核との2種の核があり,そのほかに細胞口,細胞咽頭,食胞,収縮胞などがある。繊毛の働きで水流を起こし,体を移動させながら餌をとっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

繊毛虫の関連キーワード後生動物繊毛繊毛運動側生動物吸管虫草履虫釣鐘虫喇叭虫鞭毛虫軟体類

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

繊毛虫の関連情報