コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繊毛虫 センモウチュウ

百科事典マイペディアの解説

繊毛虫【せんもうちゅう】

滴虫とも。原生動物の一門。体表は繊毛でおおわれ,代謝に働く大核と生殖作用に関係する小核をもつ。海水淡水に広く分布し,自由生活を行うものが多いが,寄生生活を営むものもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんもうちゅう【繊毛虫】

繊毛虫亜門Ciliataに属する原生動物の総称。ゾウリムシラッパムシツリガネムシなどが含まれ,大部分は淡水,海水で自由生活するが,寄生性のものも少なくない。原生動物中,もっとも分化の進んだ類で,鞭毛虫類から生じたものであろうと考えられている。体は繊毛で覆われ,生活機能を統制する大核と生殖に関係する小核との2種の核があり,そのほかに細胞口,細胞咽頭,食胞収縮胞などがある。繊毛の働きで水流を起こし,体を移動させながら餌をとっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

繊毛虫の関連キーワードツリガネムシ(釣鐘虫)ゾウリムシ(草履虫)ラッパムシ(喇叭虫)レーウェンフックデュジャルダン繊毛(線毛)テトラヒメナニハイチュウミズケムシドモフスキ繊毛虫類神立 誠有性世代オパリナ繊毛運動草履虫白点病滴虫類釣鐘虫吸管虫