コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オプストフェルダー オプストフェルダーObstfelder, Sigbjørn

2件 の用語解説(オプストフェルダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オプストフェルダー
オプストフェルダー
Obstfelder, Sigbjørn

[生]1866.11.21. スタバンゲル
[没]1900.7.29. コペンハーゲン
ノルウェーの詩人。大学で古代北欧文学を学んだが,世紀末的な不安から,アメリカに渡って機械技師になろうとしたり,作曲や音楽に心を傾けたりした末,精神に変調をきたし,入院と放浪を繰返し,最後は結核で早世。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オプストフェルダー
おぷすとふぇるだー
Sigbjrn Obstfelder
(1866―1900)

ノルウェーの詩人。大学では古代北欧文学を学んだが、世紀末の退廃と分裂に悩んで、機械技師、作曲家、音楽家を志したこともあり、精神疾患肺結核にも冒されて入院や放浪生活を繰り返した。「自分はまちがった天体に生まれてしまった」と感じて、生涯落ち着くことができずに彷徨(ほうこう)、ついに大成せず夭折(ようせつ)した。作品はきわめて個性が強く、妖(あや)しく暗い輝きをもっている。詩のほか『短編二つ』(1895)、『十字架』(1896)、戯曲『赤い滴(しずく)』(1897)などがあり、死後、全集も刊行され愛惜者が多い。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オプストフェルダーの関連キーワード英学池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎シーボルトニール山県太華

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone