コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オプストフェルダー オプストフェルダー Obstfelder, Sigbjørn

2件 の用語解説(オプストフェルダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オプストフェルダー
オプストフェルダー
Obstfelder, Sigbjørn

[生]1866.11.21. スタバンゲル
[没]1900.7.29. コペンハーゲン
ノルウェーの詩人。大学で古代北欧文学を学んだが,世紀末的な不安から,アメリカに渡って機械技師になろうとしたり,作曲や音楽に心を傾けたりした末,精神に変調をきたし,入院と放浪を繰返し,最後は結核で早世。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オプストフェルダー
おぷすとふぇるだー
Sigbjrn Obstfelder
(1866―1900)

ノルウェーの詩人。大学では古代北欧文学を学んだが、世紀末の退廃と分裂に悩んで、機械技師、作曲家、音楽家を志したこともあり、精神疾患肺結核にも冒されて入院や放浪生活を繰り返した。「自分はまちがった天体に生まれてしまった」と感じて、生涯落ち着くことができずに彷徨(ほうこう)、ついに大成せず夭折(ようせつ)した。作品はきわめて個性が強く、妖(あや)しく暗い輝きをもっている。詩のほか『短編二つ』(1895)、『十字架』(1896)、戯曲『赤い滴(しずく)』(1897)などがあり、死後、全集も刊行され愛惜者が多い。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オプストフェルダーの関連キーワードスタバンゲルバングスタイルバンド間隙スタバダービースタリオン アドバンスモンスターファームアドバンススタバッハ岩スタバるコルムネア・スタバンガースタバンゲル大聖堂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone