コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヤビッチャ Abudefduf vaigiensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オヤビッチャ
Abudefduf vaigiensis

スズキ目スズメダイ科。体長 15cmになる。体は卵形で側扁する。体色は黄白色で,体側地色の幅にほぼ等しい5条の明瞭な黒色横帯がある。サンゴ礁や岩礁域で普通にみられる。千葉県以南の南日本太平洋インド洋分布する。観賞魚

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オヤビッチャ【Abudefduf vaigiensis】

スズキ目スズメダイ科の海産魚(イラスト)。磯やサンゴ礁でふつうに見られる。千葉県小湊以南に分布。春から初夏に産卵。幼魚は夏にタイドプールにも見られる。黄色の地色に5条の黒色横帯があり目につきやすい。本州あたりでは大型のものは見られないが,南西諸島などでは全長20cmに達するものがあり,食用にもされる。近縁種で混同されやすいものが数種ある。イソスズメダイA.notatusは千葉県小湊以南に分布,タイドプールなどでオヤビッチャといっしょにいるのが見られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オヤビッチャ
おやびっちゃ
sergeant major
[学]Abudefduf vaigiensis

硬骨魚綱スズキ目スズメダイ科に属する海水魚。インド洋、太平洋の沿岸に広く分布する。体は卵形で成魚は20センチメートルに達する。黄色あるいは灰青色の地に明瞭(めいりょう)な5本の黒色横帯がある。幼魚は夏季に温帯域の潮だまりに多く出現するが、成魚は沖縄以南の岩礁域にすみ、10メートル以深の岩のくぼみに付着卵を産み、孵化(ふか)するまで親が保護する。語源は明らかではないが、沖縄での呼称「あやびっち」(綾(あや)が走るの意)が転訛(てんか)したものと考えられる。飼育しやすく、観賞用とされる。[井田 齋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オヤビッチャの関連キーワード阿波竹ヶ島海域公園地区木ノ浦海域公園地区タネラー井田

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オヤビッチャの関連情報