コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヤマボクチ

3件 の用語解説(オヤマボクチの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オヤマボクチ

ヤマボクチ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オヤマボクチ【Synurus pungens (Fr.et Sav.) Kitam.】

北海道南部,中部地方以東の本州と四国および中国大陸中部に分布し,日当りのよい山野に生えるキク科の多年草イラスト)。若芽を餅にいれて食用とするし,根や若い茎も食べられる。オヤマボクチは葉の裏の綿毛を火口(ほくち)に使ったため,その名がある。地方によって本種をヤマゴボウと呼ぶ。茎は高さ1~1.5mで,直立しており,紫色がかって太い。普通クモの糸状の細い白い毛が生えている。根生葉は三角状卵形で,ゴボウの葉に似ており,葉身の長さは30cm内外と大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オヤマボクチ
おやまぼくち / 雄山火口
[学]Synurus pungens (Fr. et Sav.) Kitam.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ1~1.5メートル、紫色を帯びる。根出葉は大形、卵形で、長さ20~35センチメートル、裏面に白色の綿毛が密生する。茎葉は互生し、上方へしだいに小形となる。9~10月、茎上部が分枝し、その先に大きな頭状花をつけ、下向きに開く。総包は丸い鐘形で、長さ3~4センチメートル。総包片は狭披針(きょうひしん)形、中ほどで幅1.5~2ミリメートル、堅く、外片は開出する。北海道、本州東部、四国および中国大陸中南部にやや飛び石的に分布する。山地の日当りのよいやや乾いた草原に生える。若葉を餅(もち)に入れて食べるため農家で栽培されることもある。地方によりヤマゴボウの方言がある。ヤマボクチ、ハバヤマボクチは葉はやや薄くて小さい。頭状花も小さい。ヤマボクチの葉は卵形で基部は心臓形であるが、ハバヤマボクチの葉は三角形で基部はやや矢じり形である。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オヤマボクチの関連キーワードアオサギ東国中部地方鉄仏笹百合内地西日本根際東日本しまなみ海道

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オヤマボクチの関連情報