コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヤマボクチ

百科事典マイペディアの解説

オヤマボクチ

ヤマボクチ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オヤマボクチ【Synurus pungens (Fr.et Sav.) Kitam.】

北海道南部,中部地方以東の本州と四国および中国大陸中部に分布し,日当りのよい山野に生えるキク科多年草(イラスト)。若芽を餅にいれて食用とするし,根や若い茎も食べられる。オヤマボクチは葉の裏の綿毛を火口(ほくち)に使ったため,その名がある。地方によって本種をヤマゴボウと呼ぶ。茎は高さ1~1.5mで,直立しており,紫色がかって太い。普通クモの糸状の細い白い毛が生えている。根生葉は三角状卵形で,ゴボウの葉に似ており,葉身の長さは30cm内外と大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オヤマボクチ
おやまぼくち / 雄山火口
[学]Synurus pungens (Fr. et Sav.) Kitam.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ1~1.5メートル、紫色を帯びる。根出葉は大形、卵形で、長さ20~35センチメートル、裏面に白色の綿毛が密生する。茎葉は互生し、上方へしだいに小形となる。9~10月、茎上部が分枝し、その先に大きな頭状花をつけ、下向きに開く。総包は丸い鐘形で、長さ3~4センチメートル。総包片は狭披針(きょうひしん)形、中ほどで幅1.5~2ミリメートル、堅く、外片は開出する。北海道、本州東部、四国および中国大陸中南部にやや飛び石的に分布する。山地の日当りのよいやや乾いた草原に生える。若葉を餅(もち)に入れて食べるため農家で栽培されることもある。地方によりヤマゴボウの方言がある。ヤマボクチ、ハバヤマボクチは葉はやや薄くて小さい。頭状花も小さい。ヤマボクチの葉は卵形で基部は心臓形であるが、ハバヤマボクチの葉は三角形で基部はやや矢じり形である。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オヤマボクチの関連キーワードモチグサ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オヤマボクチの関連情報