オリエント学(読み)オリエントがく

大辞林 第三版の解説

オリエントがく【オリエント学】

オリエント、特に、中東地域の古代からの地理・考古・歴史・言語・宗教などを研究対象とする学問。アッシリア学・エジプト学・イスラム学などを含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オリエントがく【オリエント学 Orientalistik[ドイツ]】

オリエントの言語や歴史,文化を研究する学問の総称。欧米では広義のオリエントを対象としているので,そのなかには後述の諸学のほかに,インド学や東南アジア研究,モンゴル学,シナ学(中国学),朝鮮学,日本学などまで含まれる。西ヨーロッパのオリエント研究は,中世におけるイスラム文化との出会いとその受容の時期にさかのぼるが,分科した各専門領域が近代的学問として確立するのは19世紀においてである。1873年にはパリにおいて第1回の国際オリエント学会議が開催され,1983年の東京大会は第31回を数える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオリエント学の言及

【東洋学】より

…東洋学とは東洋を対象とする研究のことで,英語のOrientalism(オリエンタリズム)またはOriental Study(オリエント学)の訳語に当たる言葉であり,東方学とよぶこともある。実際の用例としては,単に東洋の事物万般に関する研究をさすのではなく,東洋の言語,文学,歴史,宗教,哲学,学術,美術,音楽など,狭義の文化を研究する学問を意味し,文献学的ないしは歴史学的な手法で研究されることが多い。…

※「オリエント学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android