オリッサ州(読み)オリッサ(英語表記)Orissa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリッサ〔州〕
オリッサ
Orissa

インド東部,ベンガル湾に面する州。州都はブバネスワル。使用言語はオリヤ語。州の中央を北西から南東にかけてマハーナディ川が広い谷をつくって流れ,下流で広い三角州を形成。北部はチョタナーグプル高原に続く丘陵地,南西はイースタンガーツ山脈の山々で,ともに厚い森林におおわれる。マハーナディ川,ブラーマニ川の三角州を除くと海岸平野は狭小。南部の海岸には砂州で囲まれたインド最大の湖チルカ湖がある。年降水量は東部で 1800mm,西部で 1200mmで,夏の南西モンスーン季にはきわめて高温多湿となる。古代からカリンガ王国の諸王朝のもとに仏教,ジャイナ教,ヒンドゥー教の文化が栄えた。イスラム勢力進出は 1568年で,8年後にはムガル帝国,1751年マラータ王国,1803年にイギリスの支配下となった。米作を主とし,ほかにサトウキビ,ジュートなどを栽培。特産物にカレー粉などに用いるターメリックがある。マハーナディ川上流部のヒラクドダムは世界最大級のアーチダムで,24万 kWの発電を行う。この電力を利用してルールケラに鉄鋼基地があり,このほかセメント,製紙,ガラス,製糖などの工業がある。北部の丘陵地は地下資源に富み,鉄鉱石をはじめ,マンガン,石炭,ボーキサイトを産する。ブバネスワルとカタックに国際空港がある。面積 15万 5707km2。人口 3151万 2070 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android