コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルジョニキーゼ オルジョニキーゼ Ordzhonikidze

6件 の用語解説(オルジョニキーゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルジョニキーゼ
オルジョニキーゼ
Ordzhonikidze

ウクライナ中東部,ドネプロペトロフスク州の都市。州都ドネプロペトロフスクの南西約 110kmにある。ニーコポリ・マンガン鉱山の採掘地。クリボイログとニーコポリを結ぶ鉄道のチェルトムルイク駅の北西約 5kmにある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

オルジョニキーゼ
オルジョニキーゼ

ウラジカフカズ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オルジョニキーゼ

ロシア,ソ連邦の政治家。ジョージア生れ。1903年ロシア社会民主党に入党。多くの革命運動に参加。二月革命後流刑地からペトログラード(現,サンクト・ペテルブルク)に戻る。

オルジョニキーゼ

ウラディカフカス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オルジョニキーゼ【Grigorii Konstantinovich (Sergo) Ordzhonikidze】

1886‐1937
ロシア,ソ連邦の党活動家。グルジア出身。1903年ティフリス(現,トビリシ)でロシア社会民主党に入党。ザカフカス1905年革命に参加,逮捕され,以後流刑,脱走,亡命を繰り返す。11年レーニンのロンジュモ党学校(パリ)で学び,ロシアに派遣されてプラハ協議会の開催工作を担当,12年同協議会で中央委員となる。レーニンの依拠したボリシェビキの典型的実務家。二月革命後流刑地よりペトログラード(現,サンクト・ペテルブルグ)に戻る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルジョニキーゼ
おるじょにきーぜ
Орджоникидзе Ordzhonikidze

ロシア連邦南西部にある北オセチア共和国の首都ウラジカフカスのソ連時代の名称。1931年~1944年、1954~1991年に用いられた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オルジョニキーゼの関連キーワードグルジアスベルドロフソ連邦Абхазия南オセチア労農ロシアアブハジアグルジアとロシアの対立南オセチア自治州グルジア紛争

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone