コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルデンベルク Oldenberg, Hermann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルデンベルク
Oldenberg, Hermann

[生]1854.10.31. ハンブルク
[没]1920.3.18. ゲッティンゲン
ドイツのインド学者。ベルリン大学講師 (1878) を経て,キール大学 (89) ,ゲッティンゲン大学 (1908) の教授をつとめる。ベーダ学および原始仏教の研究に不朽の業績を残した。主著『ブッダ-その生涯,教説と教団』 Buddha,sein Leben,seine Lehre,seine Gemeinde (1881) ,『ベーダの宗教』 Die Religion des Veda (94) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オルデンベルク【Hermann Oldenberg】

1854‐1920
ドイツのインド学・仏教学者。キール大学,ゲッティンゲン大学で梵語,パーリ語,仏教学を講じた。リス・デービッズThomas William Rhys Davidsと並んで,パーリ語仏典研究に先駆者的役割を果たし(1879‐83年に律蔵全部の原典校訂出版),仏教思想の源流をウパニシャッドに求め(《ウパニシャッドより仏教まで》1915),仏陀の歴史的存在を文献的に立証した(《仏陀,その生涯・教理・教団》1881)ことで有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルデンベルク
おるでんべるく
Hermann Oldenberg
(1854―1920)

ドイツのインド学者、仏教学者。ハンブルク生まれ。1889年キール大学教授、1908年ゲッティンゲン大学教授となった。インド学ではとくにベーダに関する言語学的、文献学的研究に優れ、仏教学ではパーリ律蔵(りつぞう)などの校訂出版をはじめ、仏陀(ぶっだ)(釈迦(しゃか))の生涯、教理、教団に関する歴史的研究に大きな貢献をした。主著に『ビナヤ・ピタカ(律蔵)』5巻(1879~1883)、『仏陀――その生涯・教説・教団』(1881)、『ベーダの宗教』(1894)、『リグ・ベーダ』(1909)、『ウパニシャッドの教説と仏教の起源』(1915)がある。没後、『オルデンベルク小論文集』が1967年に出版された。[藤田宏達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オルデンベルクの関連キーワード藤田宏達三並 良

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android