コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルドバイ遺跡 オルドバイいせきOlduvai

3件 の用語解説(オルドバイ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルドバイ遺跡
オルドバイいせき
Olduvai

アフリカタンザニアの山峡地帯にある世界最古の旧石器文化遺跡。オルドバイ峡谷には数多くの遺跡があり,ここでは 1930年代から L.リーキーらによって調査が続けられている。ここからは,礫器を主体とした世界最古の石器文化とされているオルドバイ文化,握斧系石器文化の前期にあたる前期アシュール文化,握斧系文化の発展したものである後期アシュール文化が層位を別にして発見されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オルドバイ‐いせき〔‐ヰセキ〕【オルドバイ遺跡】

Olduvai site》アフリカ東部のタンザニアのオルドバイ峡谷で発見された旧石器時代の遺跡。180万年以前の猿人・原人の化石や、最も初歩的な礫石器(れきせっき)および握斧(あくふ)などを出土。堆積層の保存がよく、人類の初期を示す重要な遺跡となっている。ンゴロンゴロ保全地域内にあり、2010年世界遺産複合遺産)に追加登録された。オルドワイ遺跡

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

オルドバイいせき【オルドバイ遺跡】

タンザニアの北部の地溝帯にある前期旧石器時代の遺跡。化石人類ジンジャントロプス-ボイセイやホモ-ハビリス・ホモ-エレクトゥスの頭骨などが出土。礫器れつきの文化から握斧あくふの文化への推移が出土する層により確認できる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のオルドバイ遺跡の言及

【アシュール文化】より

…フランスのドルドーニュ地方ではウルム氷河期になって特殊な発展が認められ,それはミコック文化の名で呼ばれている。ただアシュール文化における石器製作技術の進展は,最近ではヨーロッパよりもアフリカでよりよく知られている(タンザニアのオルドバイ遺跡)。アルジェリアのテルニフィヌTernifine遺跡において,原人の骨がアシュール文化に共伴し,その文化の担い手が原人であることが明らかとなった。…

【猿人】より

…食生活のうえでは大なり小なり,肉食が行われていたと推定されている。それを裏づける典型的な例は,タンザニアのオルドバイ遺跡で発見されたゾウの化石の場合である。当時すんでいたゾウ(レックゾウ)の1体分の骨があって,そのそばに大小の多数の石器があった。…

※「オルドバイ遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone