オーサリング

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オーサリング

文字や画像、音声、動画など、いろいろな素材を組み合わせたソフトウェアを作成すること。主に、Web上で動くアニメーションやDVDなどのマルチメディア・コンテンツを作ることを指し、一般的なソフトウェア開発(プログラミング)とは区別して使う。オーサリングに使うソフトウェアをオーサリング・ソフトといい、Adobe Directorがその代表。通常のプログラミング言語を使う開発に比べると、はるかに簡単に多彩なメディアを組み合わせた、リッチなコンテンツを作成できる。また、DVD映像を表示させるメニューを編集して、DVDタイトルを制作することをDVDオーサリング、そのためのソフトをDVDオーサリング・ソフトという。単に、DVDメディアに映像を書き込む作業は、オーサリングとは呼ばず、ライティングという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

オーサリング

映像や音楽、文字などのデータ(素材)をまとめて、ひとつの作品として完成させる作業のことです。例えばパソコンに記録されたビデオデータを使って、映像DVDを作るなどです。そのためのソフトのことを「オーサリング・ソフト」といいます。テキストや画像をひとつのページにまとめる「ホームページ作成ソフト」や「プレゼンテーション・ソフト」もオーサリング・ソフトの一種といえます。
⇨ソフトウエア

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

百科事典マイペディアの解説

オーサリング

コンピューター上で文字や画像,音声などの素材を組み合わせて一つのアプリケーションソフトウェアを開発すること。そのために用いるソフトウェアをオーサリングソフトウェアという。マルチメディアソフトウェア作成用のものや教育ソフトウェアを作るためのものなどがある。最近ではプレゼンテーション用などビジネス分野でも使われるようになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーサリング
おーさりんぐ
authoring

画像、動画、音声、テキストなど異なる種類のデータを編集して、原則的にはプログラミングを行わずに、マルチメディアコンテンツやウェブページ、ソフトウェアなどを制作すること。プログラム言語(プログラミング言語)を使う制作に比べると、マウスなどを使って直感的に作業ができるのが特徴である。また、表現力を高めるために、補完的にプログラミングを利用する場合もある。その際に使用するプログラム言語を「オーサリング言語」とよぶ。ウェブブラウザ上でマルチメディアコンテンツを表現するための「SMIL(スマイル)」(Synchronized Multimedia Integration Language)はその代表例である。
 オーサリングを行うアプリケーションは「オーサリングソフト」または「オーサリングツール」とよばれ、代表的なものとして「アドビディレクターAdobe Director」がある。また、企業のプレゼンテーション等に利用されているマイクロソフト社の「パワーポイントPowerPoint」もその一つである。本来の意味とは異なるものの、動画のデータをDVDタイトル(DVD-Video)に変換する作業も、一般的にはオーサリングとよばれる。そのソフトのなかには、メニューやオープニングムービーを作成・追加するなど、編集的な要素を含むものもある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオーサリングの言及

【マルチメディア】より

… 一方,マルチメディアソフトを作るためには,素材を編集してマルチメディアの形式にまとめる作業が必要になる。この作業をオーサリングという。そのためのツール(オーサリングツールという)の代表的なものとしてはマクロメディアディレクターがある。…

※「オーサリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android