オーステンデ会社(読み)オーステンデがいしゃ(英語表記)Ostendische Handelskompanie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーステンデ会社
オーステンデがいしゃ
Ostendische Handelskompanie

神聖ローマ皇帝カルル6世が,1722年オーストリア領ネーデルラントのオーステンデに創設した商事会社。皇帝に利潤の6%を提供する条件で,東西インドとアフリカとの貿易特権を与えられたが,会社の繁栄を喜ばぬオランダ,イギリスなどの激しい反対にあい,また皇帝の長女マリア・テレジアのハプスブルク家領相続に関して列国の承認を得るため,31年には閉鎖を余儀なくされた。しかし貿易活動は非公式に 44年まで続けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のオーステンデ会社の言及

【オーステンデ】より

…夏の保養地,漁港としても名高い。この港は,18世紀には,アントワープに代わるベルギー最大の貿易港となり,東インド貿易会社(オーステンデ会社)が1722‐27年にここを拠点に活躍した。【石坂 昭雄】。…

※「オーステンデ会社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android