コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーストラリアアシカ Neophoca cinerea; Australian sea lion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーストラリアアシカ
Neophoca cinerea; Australian sea lion

食肉目鰭脚亜目アシカ科ミナミアシカ属。雄は体長約 2.5m,体重約 300kgに達する。雌は体長約 1.8m,体重約 105kgに達する。出生体長 60~70cm,出生体重 6.5~8kgである。毛色は上毛が淡黄褐色から銀灰色で下毛は黄褐色から淡黄色である。鼻孔と眼のまわりが淡い。雄の成獣の体毛は暗い茶色,頭頂部と首筋が淡い乳白色,胸部と咽喉部後方がやや淡色を呈している。出生直後は茶褐色で,頭頂部が淡く,顔が濃い茶色である。出生から2ヵ月を経過すると,換毛し亜成獣や雌と同色になる。頭部は大きく,先端に丸い鼻孔があり,耳介は小さい。雄の成獣は,頭部や肩部が雌と比べはなはだ大きい。門歯は上顎6本,下顎4本,犬歯は上顎と下顎にそれぞれ2本,頬歯は上顎と下顎に各 10本である。出産期は周年。活動的でイルカのように水面をとびはねながら泳いだり,波に乗ったりする。比較的回遊しない種である。食性範囲は広く,エイや小型のサメを含む魚類,スルメイカ類,コウイカ類およびペンギンを捕食するほか,イセエビ籠や魚網にかかった獲物を食害している。オーストラリア南部および南西部に分布し,沿岸部と周辺の島を取囲む隣接大陸棚に生息する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オーストラリアアシカの関連キーワードシールベイ自然保護区カンガルー島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android