換毛(読み)かんもう(英語表記)molting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

換毛
かんもう
molting

一般にの更新をいうが,特に野獣で,野鳥換羽と同様,特定の季節に,短時間内に全身の毛が生え替る現象をさす。寒冷地ではシカウサギが色,長さ,密度の異なる夏毛冬毛とをもち,年2回換毛する。換毛の時期繁殖期とも関係があるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐もう〔クワン‐〕【換毛】

[名](スル)動物の毛が抜けかわること。人間家畜ではたえず抜けかわるが、野生では毎年一定の時期に起こる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんもう【換毛】

( 名 ) スル
毛のぬけかわり。人間や一部の家畜では絶えず起こるが、野生動物では毎年一定の時期に全体の毛の更新が行われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐もう クヮン‥【換毛】

〘名〙 哺乳類の毛の抜けかわり。人や一部の家畜では絶えず起こるが、野生の動物では春と秋に起こり、夏毛と冬毛とに区別できる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android