コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オートフォーカス

5件 の用語解説(オートフォーカスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オートフォーカス

自動的にカメラの焦点(ピント)を合わせる機能。オートフォーカスの方式には、赤外線や超音波を照射して距離を測る「アクティブ方式」、被写体からの入射光の差を検知して距離を測る「位相検出方式」、CCD上のコントラストの状態を検知して距離を測る「コントラスト検出方式」などの種類がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オートフォーカス(autofocus)

カメラやビデオカメラなどで、自動的に焦点(フォーカス)を合わせる機能。位相差コントラスト比を利用する、赤外線超音波などを照射して距離を測るなどの方法がある。AF。→マニュアルフォーカス位相差AFコントラスト検出方式

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

オートフォーカス

 カメラが自動的にピントを合わせる機構で、昔は自動焦点(=automatic focusing、autofocus)と言った。いまではAFと略すのがふつうになっている。世界初は(試作だが)、1965年のキヤノンAFがある。AFを実用化したのは1977年発売のコニカC35AFというコンパクトカメラだった。一眼レフでは1981年発売のペンタックスME-Fが最初のAF一眼レフだ。しかし、コントラスト検出方式で、交換レンズも標準ズーム1本だった。1985年発売のミノルタα-7000は位相差検出方式で合焦がスピーディーになり、しかもAF用の交換レンズが最初から揃っていたので、一気にブームになった。その後、AFは多点測距となり、現在のデジタル一眼レフにも受け継がれている。なお、コンパクトデジタルカメラでは撮像素子を使う像面AFが主流で、これはコントラスト検出方式である。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

オートフォーカス【auto-focus】

被写体にレンズを向けると自動的に焦点が合う機構。自動焦点。また、それを備えたカメラ。 AF 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オートフォーカス
オートフォーカス
autofocus; AF

カメラ本体に測距用センサを組み込み,シャッターボタンを半押しすることで自動的にピント(→焦点)合わせを行なう機構。レンズを通してピントを検出する方法として,位相差検出方式,コントラスト検出方式がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オートフォーカスの関連キーワード一眼レフカメラ口を合わせる手を合わせるぴんとAFカメラ置ピン顔認識AEピントリングプログラムAEAF-L

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オートフォーカスの関連情報