コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オートフォーカス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オートフォーカス

自動的にカメラの焦点(ピント)を合わせる機能。オートフォーカスの方式には、赤外線や超音波を照射して距離を測る「アクティブ方式」、被写体からの入射光の差を検知して距離を測る「位相検出方式」、CCD上のコントラストの状態を検知して距離を測る「コントラスト検出方式」などの種類がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

オートフォーカス

 カメラが自動的にピントを合わせる機構で、昔は自動焦点(=automatic focusing、autofocus)と言った。いまではAFと略すのがふつうになっている。世界初は(試作だが)、1965年のキヤノンAFがある。AFを実用化したのは1977年発売のコニカC35AFというコンパクトカメラだった。一眼レフでは1981年発売のペンタックスME-Fが最初のAF一眼レフだ。しかし、コントラスト検出方式で、交換レンズも標準ズーム1本だった。1985年発売のミノルタα-7000は位相差検出方式で合焦がスピーディーになり、しかもAF用の交換レンズが最初から揃っていたので、一気にブームになった。その後、AFは多点測距となり、現在のデジタル一眼レフにも受け継がれている。なお、コンパクトデジタルカメラでは撮像素子を使う像面AFが主流で、これはコントラスト検出方式である。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

オートフォーカス【auto-focus】

被写体にレンズを向けると自動的に焦点が合う機構。自動焦点。また、それを備えたカメラ。 AF 。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オートフォーカス
autofocus; AF

カメラ本体に測距用センサを組み込み,シャッターボタンを半押しすることで自動的にピント(→焦点)合わせを行なう機構。レンズを通してピントを検出する方法として,位相差検出方式,コントラスト検出方式がある。ピント合わせはカメラ本体,またはレンズ内部に搭載されたモータでレンズを駆動させる。世界で初めて商品化された,オートフォーカス AF機構を搭載した AFカメラは,1977年に発売されたコニカC35AF,通称「ジャスピンコニカ」。一眼レフカメラでは,1981年にピント検出機能をもったペンタックスME-Fが発売,さらに 1985年に世界初の AFシステム一眼レフカメラ,ミノルタα-7000が発売され,一眼レフの本格的な AF化が始まった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オートフォーカスの関連キーワードXperia Z5 Premiumフルタイムマニュアルフォーカスサーボ (デジタルカメラ)フロントフォーカシングフォーカスリミッターコンティニュアスAFホログラフィックAFシャッタータイムラグリバースアダプターネイチャーフォトコントラストAFフォーカスロックEFワンショットAFエリア選択AFレンズマウント自動焦点カメラパッシブ方式EFマウント超音波モータ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オートフォーカスの関連情報