コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーブリエチア purple rock cress

世界大百科事典 第2版の解説

オーブリエチア【purple rock cress】

南ヨーロッパから小アジア原産のアブラナ科の耐寒性多年草。和名ムラサキナズナ。属名はフランスの植物画家オーブリーC.Aubrie(1651‐1743)にちなむ。草丈10cmくらいで分枝して,茎ははうようにして茂り,ひし形の葉をつける。3~5月の間に,茎先に紫色の十字形小花を多数つけ,最盛期には株一面に花をつけて美しい。花色は,紫色のほか赤紫色,桃色,白色などがあり,最近は八重咲きの紫色花の品種も作出されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーブリエチア
おーぶりえちあ
[学]Aubrietia

アブラナ科の宿根草。地中海沿岸に12種の自生種がある。ムラサキナズナA. deltoidea DC.は南ヨーロッパの原産で、茎は高さ6~7センチメートルで地表をはって広がるので、ロック・ガーデンや花壇の縁どりに適する。葉は菱(ひし)状。4~5月に青色の十字花をよく開き、ほかに紫、藤(ふじ)、紅紫色種があり、八重咲きもある。湿気を好むが乾燥地にも強く、夏は暑さで蒸れないように注意し、日当りのよい所に植えるとよい。繁殖は普通は実生(みしょう)、挿芽、株分けによる。4月ごろ、露地床や鉢で、水はけのよい砂混じりの土に種を播(ま)くと2~3週間で発芽する。挿芽は春と秋の2回、新芽を2~3センチメートルくらいにとり、砂挿しにする。株分けは9月下旬~10月にするとよい。[猪股正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android