コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーブリエチア purple rock cress

2件 の用語解説(オーブリエチアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オーブリエチア【purple rock cress】

南ヨーロッパから小アジア原産のアブラナ科の耐寒性多年草。和名ムラサキナズナ。属名はフランスの植物画家オーブリーC.Aubrie(1651‐1743)にちなむ。草丈10cmくらいで分枝して,茎ははうようにして茂り,ひし形の葉をつける。3~5月の間に,茎先に紫色の十字形小花を多数つけ,最盛期には株一面に花をつけて美しい。花色は,紫色のほか赤紫色,桃色,白色などがあり,最近は八重咲きの紫色花の品種も作出されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーブリエチア
おーぶりえちあ
[学]Aubrietia

アブラナ科の宿根草地中海沿岸に12種の自生種がある。ムラサキナズナA. deltoidea DC.は南ヨーロッパの原産で、茎は高さ6~7センチメートルで地表をはって広がるので、ロック・ガーデンや花壇の縁どりに適する。葉は菱(ひし)状。4~5月に青色の十字花をよく開き、ほかに紫、藤(ふじ)、紅紫色種があり、八重咲きもある。湿気を好むが乾燥地にも強く、夏は暑さで蒸れないように注意し、日当りのよい所に植えるとよい。繁殖は普通は実生(みしょう)、挿芽、株分けによる。4月ごろ、露地床や鉢で、水はけのよい砂混じりの土に種を播(ま)くと2~3週間で発芽する。挿芽は春と秋の2回、新芽を2~3センチメートルくらいにとり、砂挿しにする。株分けは9月下旬~10月にするとよい。[猪股正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーブリエチアの関連キーワード南ヨーロッパヨーロッパ共同体ヨーロッパ開発基金ホースラディッシュジャーマンアイリス匂菫花大根ヨーロッパロシア

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone