コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイロモン kairomone

世界大百科事典 第2版の解説

カイロモン【kairomone】

ブラウンW.L.Brownら(1970)によって提唱された用語で,ある種の生物がつくった物質が他の種の生物に触れた場合,つくった生物に対してよりも,接した生物の方に有益な効果を及ぼす物質。植物がつくる昆虫の誘引物質は昆虫の行動にとって重要なもので,この例に含められる。一般に誘起物質とよばれるものもカイロモンといえる。一方,ある種の生物がつくった物質が他の種の生物に触れた場合,接した生物に生理的もしくは行動的な反応をひきおこして,物質をつくった生物に有益な効果を及ぼすことがあり,このような物質をアロモンallomoneという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カイロモンの関連キーワード賄賂罪請託ペン(Irving Penn)アッタロス[1世]ABB[会社]褐炭ハリスティック・キュームレイト美波KatyaP.

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android