コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウベル カウベル cowbell

翻訳|cowbell

3件 の用語解説(カウベルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カウベル(cowbell)

牛の居場所がわかるように牛の首につける鈴。
ラテン音楽用の打楽器。鉄製の円錐をつぶした形のものをスティックで打って音を出す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カウベル【cowbell】

(牧牛の所在を知るために)牛の首につるした鈴。また,それに形・音が似た打楽器。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カウベル
かうべる
cowbell

もとインドアルプス地方で放牧しているウシの首に下げられる鐘型の鈴のことで、それに形の似た金属製の体鳴楽器をこの名でよぶ。ウシやヒツジの首に下げられるものには舌があるが、楽器としてのカウベルには舌はなく、桴(ばち)で打たれる。ドラム・セットと組み合わせて使うことが多い。リヒャルト・シュトラウスの『アルプス交響曲』(1915初演)のなかでは牧羊擬音として用いられている。[前川陽郁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カウベルの関連キーワード商いは牛の涎居場所牛の歩み牛の一散牛の玉牛の角文字牛の鼻木牛の骨牛の涎特牛の

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カウベルの関連情報