カギバガ(鉤翅蛾)(読み)カギバガ(英語表記)hook‐tip moth

世界大百科事典 第2版の解説

カギバガ【カギバガ(鉤翅蛾) hook‐tip moth】

鱗翅目カギバガ科Drepanidaeに属する昆虫の総称。南アメリカを除く全世界に分布するが,とくにアジアの熱帯から亜熱帯地方に種の数が多く。日本にはギンモンカギバ,ヤマトカギバ,クロスジカギバ(イラスト),オビカギバ,ウコンカギバ,アシベニカギバなど30種を産する。成虫は中型の大きさで,前翅が鎌状にとがっている種が多いので,和名も英名も前翅の形にちなんでつけられたものである。幼虫は尾脚を欠き,腹脚は4対,尾端部に尾状突起をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android