コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カギバガ(鉤翅蛾) カギバガhook‐tip moth

1件 の用語解説(カギバガ(鉤翅蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カギバガ【カギバガ(鉤翅蛾) hook‐tip moth】

鱗翅目カギバガDrepanidaeに属する昆虫の総称。南アメリカを除く全世界に分布するが,とくにアジアの熱帯から亜熱帯地方に種の数が多く。日本にはギンモンカギバ,ヤマトカギバ,クロスジカギバ(イラスト),オビカギバ,ウコンカギバ,アシベニカギバなど30種を産する。成虫は中型の大きさで,前翅が鎌状にとがっている種が多いので,和名も英名も前翅の形にちなんでつけられたものである。幼虫は尾脚を欠き,腹脚は4対,尾端部に尾状突起をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

カギバガ(鉤翅蛾)の関連キーワードカギバガ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone