コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クヌギ

百科事典マイペディアの解説

クヌギ

本州〜沖縄,東アジアに分布するブナ科の落葉高木。山地,丘陵地にはえ,里山の雑木林の最もふつうの構成種。樹皮は灰褐色で不規則に割れる。葉は長楕円形で先は鋭くとがり,縁には針状の鋸歯(きょし)がある。
→関連項目造林

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クヌギ
くぬぎ / 櫟・椚・橡
[学]Quercus acutissima Carr.

ブナ科の落葉高木。幹は直立し樹皮は灰黒色で深く縦に割れ、アベマキに似るが弾性はない。葉は狭長楕円(だえん)形で長さ7~15センチメートル、縁(へり)に14対前後の鋭い鋸歯(きょし)があり、クリに似るが葉裏には腺点がない。秋に褐葉し、落葉は翌春までかかる。雄花・雌花はコナラに似る。堅果は2年目の秋に熟し、球状で俗にオカメドングリといい、外側に反り返る灰色の長い鱗片(りんぺん)で覆われた殻斗(かくと)に半分以上包まれる。本州以南、朝鮮半島、中国、ネパールの温帯下部にあり、コナラとともに雑木林のおもな林木となる。深根性で水あげがよく、傷口からは樹液が溢出(いっしゅつ)しやすく昆虫類が集まる。材は耐朽性が強く杭(くい)や神社の鳥居にも使われ、椚の字はここから由来する。木炭としては火もちがよく、最近ではシイタケの原木として利用される。古名はツルバミ(橡)といい、実の煎汁(せんじゅう)を衣服の染色に用いた。[萩原信介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クヌギの関連キーワードタケハリカビ(茸針黴)クヌギカメムシ櫟炭・檪炭じだんぐり匙櫟亀虫ドングリ四紋亀虫五倍子虫赤小灰蝶山付け冷温帯防風林櫟・檪池田炭広葉樹阿部槙佐倉炭節榑木コナラ櫟亀虫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クヌギの関連情報