コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カコミスル cacomistle

世界大百科事典 第2版の解説

カコミスル【cacomistle】

尾が長く白黒の輪がある食肉目アライグマ科の哺乳類(イラスト)。オレゴンコロラドテキサスからメキシコ南部まで分布。体長30~38cm,尾長31~44cm,体重870~1100g。小型のイエネコに似るが,耳介がまるく大きく,吻(ふん)がとがり,尾が太く長い。目が大きく,つめは半ば引き込めることができる。体毛は軟らかく,体の上面は淡黄褐色,毛端は黒色,体の下面は白色,尾には約7本ずつの黒と白の輪状斑があるので,英名ではringtail,またはring‐tailed catともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カコミスル
かこみする
cacomistle
[学]Bassariscus astutus

哺乳(ほにゅう)綱食肉目アライグマ科の動物。英語ではring-tailed catともいい、また和名は同じ属の別種クロアシカコミスル(マルミミカコミスル)と区別してオオミミカコミスルともいう。アメリカ合衆国オレゴン州以南の、北アメリカ西部からメキシコまで分布する。平地から3000メートル以上の山地で木が生える岩場に単独ですむ。体長30~40センチメートル、尾長31~44センチメートル。体は灰茶色で下面は白色、尾は黒地に7~8本の白色輪が目だつ。耳は三角形で大きく、顔はキツネに似る。体形は細く、リスのようにもみえる。夜行性で、主食は小形の哺乳類、鳥、卵、昆虫と果実である。妊娠期間は2か月で、5~6月に2~4頭の子が生まれる。動物園でも飼育されるが、繁殖例は多くない。
 別種のクロアシカコミスルB. sumichrastiは、メキシコ南部からパナマにかけて分布する。オオミミカコミスルより大形で、耳の先は丸い。カコミスルの名は、メキシコでの呼び名に由来する。[祖谷勝紀]
『今泉吉典監修『世界の動物 分類と飼育2 食肉目』(1991・東京動物園協会) ▽E・T・シートン著、今泉吉晴監訳『シートン動物誌5 スカンクの社交術』(1998・紀伊國屋書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カコミスルの関連キーワードring

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android