コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサスゲ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサスゲ
かさすげ / 笠菅
[学]Carex dispalata Boott

カヤツリグサ科の多年草。高さは0.5~1メートルで、葉の幅は1センチメートル程度。花期は5~6月で、雌花の柱頭は花期後に脱落する。果胞は暗緑褐色で、熟すと反り返る。池や川岸などの湿地に生え、長い根茎を伸ばして群生する。夏に成長した葉を刈り取り、笠(かさ)や蓑(みの)、縄をつくるのに広く使われ、カサスゲやミノスゲという名がついた。日本各地にみられ、千島、樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮、中国に分布する。近畿、中国地方には、花期後も柱頭が脱落しない変種キンキカサスゲが分布する。[木下栄一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカサスゲの言及

【スゲ(菅)】より

…菅笠を編むカサスゲやたまに庭に植えるカンスゲを含むカヤツリグサ科のスゲ属植物の総称で,植物学的にスゲと呼ぶ特定の種はない。 多年草で,地中に長い地下茎を出すものもあるが,細い葉と花茎が密に叢生(そうせい)して株を作る方が多い。…

※「カサスゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カサスゲの関連キーワードスゲ(菅)オオヒカゲ湿生植物酸性植物菅笠湿原尾瀬スゲ蓑管蓑菅

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android