コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシャン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カシャン
かしゃん
Marcel Cachin
(1869―1958)

フランスの政治家、共産党幹部。ブルターニュのパンポルに生まれ、ボルドー大学文学部を卒業。ボルドーの高等中学校(リセ)の哲学教授を15年間務め、その間ゲードフランス労働党に入党し、ついで1905年に統一された社会党に属した。1914年代議士に選出され、以後1935年から1940年の上院議員の時期を除き、その死まで代議士を務めた。第一次世界大戦に際しては政府に協力したが、1917年春の最初のロシア訪問以来、しだいにボリシェビキに共鳴し、1920年の社会党分裂に際して共産党創設に指導的役割を演じた。1918年以来その死まで、党機関紙『ユマニテ』の主筆を務め、その雄弁とともに対外的に共産党を代表する長老であったが、党内での実力はトレーズデュクロには及ばなかった。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カシャンの関連情報