コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスティリア王国 カスティリアおうこくKingdom of Castile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスティリア王国
カスティリアおうこく
Kingdom of Castile

イベリア半島のほぼ中央を占めるスペインの中世王国。北部のカスティリアラビエハ(旧カスティリア),南部のカスティリアラヌエバ(新カスティリア)からなる(→カスティリア)。カスティリアラビエハは初めレオン王国に属し,イスラム勢力(ムーア人)との国境沿いに城塞,すなわちスペイン語でカスティリョが多くあったところからカスティリアと呼ばれた。10世紀前半頃より強力に国土回復運動を進めたフェルナン・ゴンサレスの時代にブルゴスを都とするカスティリア伯領として実質的にレオン王国から独立した。11世紀にはドーロ川に達したが,1029年サンチョ3世によりナバラ王国に併合された。1035年のサンチョ3世の死後,息子のフェルナンド1世はカスティリア王国を建国し,レオン王国をも併合した。1085年アルフォンソ6世はムーア人の中心都市の一つトレドを征服し,12世紀中葉にはスペインにおけるカスティリアの政治的優位が確立した。1212年,ラス・ナバス・デ・トロサの戦いでキリスト教諸国は決定的な勝利を収め,フェルナンド3世は最終的にレオン王国を併合,さらにムーア人からコルドバ(1236),セビリア(1238),カディス(1262)を攻略し,アンダルシアの大半を征服した。しかし,グラナダ王国を残して国土回復運動が一応終了すると,王権に対抗して貴族勢力の伸長がみられ,ペドロ1世の専制はカスティリアを政治的無秩序に陥れた。1369年トラスタマラ家のエンリケ2世がカスティリア王として即位した。同王フアン2世の娘イサベル(→イサベル1世)はアラゴン王子フェルナンド(→フェルナンド2世)と結婚,1479年カスティリア王国とアラゴン王国は合併し,スペインの統一が成立した。1515年スペイン側のナバラ王国をも併合し,近代スペインが形成された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カスティリア王国の関連キーワードカスティリア・ラマンチャ自治州フェルナンデス・デ・コルドバカスティリア・レオン自治州サンチョ2世(強力王)エストレマドゥラ自治州ヘレスデラフロンテラアルカサル―王城―アストゥリアス王国ザッラーカの戦いアラルコスの戦いカスティリア語ホノリウス3世アラゴン自治州アデランタードポブレ修道院スペイン美術バリャドリドスペイン史コインブラパレンシア

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android