コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステリヨン Sébastien Castellion

3件 の用語解説(カステリヨンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

カステリヨン【Sébastien Castellion】

1515~1563) フランスの人文学者。聖書解釈をめぐりカルバンと対立。異端の処刑を否定し、宗教的寛容を説いた「異端者について」を著すほか、仏訳聖書を残した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カステリヨン【Sébastien Castellion】

1515‐63
フランスの神学者,寛容思想家宗教改革思想を抱いてジュネーブカルバンのもとに身を寄せ,その創立にかかる高等学院(アカデミー)で古典語と聖書の教育に当たったが,旧約《雅歌》の解釈についてカルバンと対立,1544年辞職してより自由なバーゼルに移る。同地大学のギリシア語講師となったが生活は貧窮,またカルバン派の中傷に苦しめられた。その間,聖書・神学研究と並行してわかりやすい仏訳聖書を刊行(1555)したほか,53年カルバンによる異端者セルベトゥス焚刑事件にあたり,古今の文献を論拠に世俗権力による異端処刑の非を立証した編著《異端者について》(1554)を発表して寛容論争の口火を切った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カステリヨン
かすてりよん
Sbastien Castellion
(1515―1563)

フランスの神学者。ジュネーブに亡命し古典語・聖書の教育に従事したが、聖書解釈についてカルバンと対立、バーゼルに移って苦しく孤独な生を送る。斬新(ざんしん)平易な聖書仏訳のほか、カルバン派の不寛容を批判して世俗権力による異端処刑を否定した『異端者について』(1554)、宗教戦争を否認し個人の信仰と良心の不可侵性を説いた『悩めるフランスに勧めること』(1562)によって、寛容・平和思想の先駆となった。[二宮 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カステリヨンの関連キーワードキュレルシュバイツァーラーナートレランスフランソワフランスソワールマンデスフランスカンドウ福井芳男ガリグー・ラグランジュ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone