コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステリヨン Sébastien Castellion

大辞林 第三版の解説

カステリヨン【Sébastien Castellion】

1515~1563) フランスの人文学者。聖書解釈をめぐりカルバンと対立。異端の処刑を否定し、宗教的寛容を説いた「異端者について」を著すほか、仏訳聖書を残した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カステリヨン【Sébastien Castellion】

1515‐63
フランスの神学者,寛容思想家。宗教改革思想を抱いてジュネーブのカルバンのもとに身を寄せ,その創立にかかる高等学院(アカデミー)で古典語と聖書の教育に当たったが,旧約《雅歌》の解釈についてカルバンと対立,1544年辞職してより自由なバーゼルに移る。同地大学のギリシア語講師となったが生活は貧窮,またカルバン派の中傷に苦しめられた。その間,聖書・神学研究と並行してわかりやすい仏訳聖書を刊行(1555)したほか,53年カルバンによる異端者セルベトゥス焚刑事件にあたり,古今の文献を論拠に世俗権力による異端処刑の非を立証した編著《異端者について》(1554)を発表して寛容論争の口火を切った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カステリヨン
かすてりよん
Sbastien Castellion
(1515―1563)

フランスの神学者。ジュネーブに亡命し古典語・聖書の教育に従事したが、聖書解釈についてカルバンと対立、バーゼルに移って苦しく孤独な生を送る。斬新(ざんしん)平易な聖書仏訳のほか、カルバン派の不寛容を批判して世俗権力による異端処刑を否定した『異端者について』(1554)、宗教戦争を否認し個人の信仰と良心の不可侵性を説いた『悩めるフランスに勧めること』(1562)によって、寛容・平和思想の先駆となった。[二宮 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カステリヨンの関連キーワードバレンシア(スペイン)バレンシア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android