コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カズオ・イシグロ かずお いしぐろKazuo Ishiguro

知恵蔵miniの解説

カズオ・イシグロ

英国の小説家。1954年、長崎県生まれ。日本名は石黒一雄。60年に日本人の両親とともに渡英し、その後、英国籍を取得した。ケント大学を卒業後、イースト・アングリア大学の大学院で創作を学び、小説の執筆を始める。82年、被爆後の荒廃した長崎を舞台にした長編『遠い山なみの光』でデビューし、王立文学協会賞を受賞。89年には、英国貴族に仕える老執事の回想を通して失われゆく伝統をつづった『日の名残り』で英国で最も権威ある文学賞であるブッカー賞を受賞した。2005年発表の『わたしを離さないで』は、臓器提供者となるためにクローン技術で生まれた若者たちの苦悩を描き、映画・ドラマ・舞台化されて日本でも話題を呼んだ。17年、ノーベル文学賞を受賞。その他の代表作に、『浮世の画家』(1986年)、『充たされざる者』(95年)、『わたしたちが孤児だったころ』(2000年)などがある。

(2017-10-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

カズオ・イシグロの関連キーワードレドモンド オハンロンマーク ロマネク11月8日

カズオ・イシグロの関連情報