コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カゾット Jacques Cazotte

2件 の用語解説(カゾットの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カゾット【Jacques Cazotte】

1719‐92
フランスの小説家。出生地ディジョンで法律を修めた後,パリに出て,海軍省に文官として勤務,やがて海外植民地アンティル諸島マルティニク島で海務監察官を務める(1747‐60)。帰国後パリの北東140kmの小村ピエリの地主として,文筆に専念。1789年の大革命直後,村民に推され村長となるが,王党派支持の態度を隠さなかったため反逆罪で処刑された。20代初期の《猫の足》(1741),《千一無駄話》(1742)にみられた幻想的作風は,年と共に深まる神秘主義的傾向も加わり,その後の散文詩オリビエ》(1763),《にわか貴族》(1767)などのなかでいよいよ顕著になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カゾット
かぞっと
Jacques Cazotte
(1719―1792)

フランスの作家。近代フランス幻想文学の先駆者。傑作『恋する悪魔』(1772)のほか、音楽を言語とする夢幻の民や無気味に対話する生首の群れの怪奇なエピソードを含む散文詩『オリビエ』(1763)が代表作である。晩年、天啓説の立場からフランス革命に批判的になり、投獄処刑された。同時代人レチフはその死を悼み、書簡体長編小説『死後の手紙』をカゾットの名で出版している。[植田祐次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カゾットの関連キーワードカルコドーデフランスフランダースの犬ゴンクール赤い数珠赤い輪ノー・マンズ・ランド813三つの眼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone