コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナダバルサム Canada balsam

デジタル大辞泉の解説

カナダ‐バルサム(Canada balsam)

カナダバルサムノキから得られる樹脂。透明な淡黄色で、芳香があり粘性が強い。レンズの接着剤などに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カナダバルサム

天然樹脂の一つ。バルサムモミ(マツ科)の樹皮より浸出する淡黄〜黄緑色の透明な粘稠(ねんちゅう)性液体。芳香があり,空気中で徐々に透明な塗膜をつくる。屈折率がガラスに近いため光学器械のレンズの接合剤などに使用。
→関連項目ニコルプリズム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナダバルサム
かなだばるさむ
Canada balsam

天然樹脂の一つ。北アメリカ大陸に産するマツ科の木からとれる透明な黄色、黄緑色の粘稠(ねんちゅう)油で芳香を有する。樹脂という名がついていても高分子ではない。光学ガラスの接着などに用いられる。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカナダバルサムの言及

【バルサム】より

…これらは地名または樹種名をつけて呼ばれる。カナダバルサムは北アメリカのバルサムモミAbies balsamea Mill.やツガ・カナデンシスTsuga canadensis Carr.からえたもので,レンズの接合剤などに使われる。ペルーバルサムは南アメリカのミロキシロン・ペレイラエMyroxylon pereirae Klotsch.から,トルーバルサムも同属のトルイフェラムM.toluiferum H.B.K.から,コパイバルサムは南アメリカやアフリカのコパイフェラ属Copaiferaから,それぞれえたものである。…

※「カナダバルサム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カナダバルサムの関連キーワードニコルのプリズム光学ガラスプルキンエバルサム樅バルサムニコル垣内

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カナダバルサムの関連情報