カナダバルサム(英語表記)Canada balsam

百科事典マイペディアの解説

カナダバルサム

天然樹脂の一つ。バルサムモミ(マツ科)の樹皮より浸出する淡黄〜黄緑色の透明な粘稠(ねんちゅう)性液体。芳香があり,空気中で徐々に透明な塗膜をつくる。屈折率がガラスに近いため光学器械のレンズの接合剤などに使用。また,芳香性のあるところから,香油,香膏として皮膚病の治療にも使われる。主産地はカナダのケベック州。→バルサム
→関連項目ニコルプリズム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナダバルサム
かなだばるさむ
Canada balsam

天然樹脂の一つ。北アメリカ大陸に産するマツ科の木からとれる透明な黄色、黄緑色の粘稠(ねんちゅう)油で芳香を有する。樹脂という名がついていても高分子ではない。光学ガラスの接着などに用いられる。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

カナダ‐バルサム

〘名〙 (Canada balsam) カナダバルサムノキから得られる樹脂。透明な淡黄色で、芳香があり粘性が強い。レンズの接着剤、永久プレパラートの封入剤に用いる。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のカナダバルサムの言及

【バルサム】より

…これらは地名または樹種名をつけて呼ばれる。カナダバルサムは北アメリカのバルサムモミAbies balsamea Mill.やツガ・カナデンシスTsuga canadensis Carr.からえたもので,レンズの接合剤などに使われる。ペルーバルサムは南アメリカのミロキシロン・ペレイラエMyroxylon pereirae Klotsch.から,トルーバルサムも同属のトルイフェラムM.toluiferum H.B.K.から,コパイバルサムは南アメリカやアフリカのコパイフェラ属Copaiferaから,それぞれえたものである。…

※「カナダバルサム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android