コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバキコマチグモ カバキコマチグモCheiracanthium japonicum

2件 の用語解説(カバキコマチグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カバキコマチグモ
カバキコマチグモ
Cheiracanthium japonicum

クモ綱クモ目フクログモ科。雌の体長 1.2cm,雄はやや小さい。頭胸部は橙黄色で,腹部はやや淡色ないし黄色。腹部は卵形で大きい。ススキなどのイネ科植物の葉を折り曲げて産室をつくる。8~9月に孵化した子グモは第1回の脱皮を終ると母親の体を食い尽してしまう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カバキコマチグモ
かばきこまちぐも / 樺黄小町蜘蛛
[学]Chiracanthium japonicum

節足動物門クモ形綱真正クモ目フクログモ科に属する陸生動物。体長雌12ミリメートル、雄10ミリメートルの黄色のクモで、上顎(じょうがく)が黒くて目だつので、地方ではクチグロという所がある。普通、ススキの葉をちまきのような形に折り曲げて住居としている。9月初旬に住居内で産まれた卵が孵化(ふか)すると、子グモたちは母グモの体を食い尽くすことで有名。またこのクモは日本産のクモ類でもっとも毒性が強く、かまれると、体質にもよるが数日間発熱、腫脹(しゅちょう)、疼痛(とうつう)、悪寒の症状を呈することがあるが、毒性は致命的ではなく、やがて治癒する。治療法としては抗ヒスタミン剤が用いられる。本種と似た種類にヤマトコマチグモ、アシナガコマチグモ、ヤサコマチグモがいるが、これらの子グモは母グモを食べない。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカバキコマチグモの言及

【クモ(蜘蛛)】より

…とらえようとしてかまれると,その部分のはれる人もいる。日本ではカバキコマチグモにかまれて医者に診察を受ける例があるが,症状は軽い。日本には毒性の強いクモはいないが,外国にはゴケグモ類やアトラックスなど毒性のかなり強いクモがいる。…

【毒グモ(毒蜘蛛)】より

…このほか,オーストラリア,太平洋の熱帯地域の島々に分布しているセアカゴケグモ,南アメリカ,中央アメリカ,太平洋の熱帯地域の島々に分布しているハイイロゴケグモ,アメリカ合衆国南部に分布しているイトグモの1種Loxosceles reclusa,ブラジルに分布しているコモリグモの1種Lycosa raptoriaLycosa erythrognathaおよびシボグモの1種Phoneutria feraなどが知られている。日本でもっとも毒の強いクモはカバキコマチグモChiracanthium japonicumで,かまれると赤くはれ,アレルギー体質の人では痛みが数日続く場合もあるが,通常は30分~3時間くらいで痛みはなくなることが多い。 なお,ドクグモは1914年よりLycosidae科に含まれるクモの総称として使用されてきたが,68年8月に,東亜蜘蛛学会総会においてコモリグモに変更されている。…

【フクログモ(袋蜘蛛)】より

…本属のクモは,形,色彩ともに似た種類が多く,同定の困難なグループの一つであり,世界で700種あまり,日本でハマキフクログモ,ムナアカフクログモなど約50種が知られている。近縁種のカバキコマチグモChiracanthium japonicumは性質が荒いことで知られているが,母グモは産室の中で,子グモの餌として自分の体を提供する。ススキの葉を折りまげて産室をつくることが多い。…

※「カバキコマチグモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone